人事政略に用いるカッツモデル

人事政略に用いるカッツモデル

「マネージャーに求められる能力」育成に対する考え方に「カッツ・モデル」があります。

これは米国の経営学者ロバート・L・カッツが提唱した考え方です。

仕事には、「テクニカルスキル(実務能力=TS)」「ヒューマンスキル(人間関係力=HS)」

「コンセプチュアルスキル(未来想像力=CS)」という、3つのスキルが必要です。ただし、それぞれの立場によって、そのスキルの割合が変わってきます。各段階において、仕事の各スキルの比重を変えていくことがポイントです。

普通の仕事でも部長がいつまでも係長の仕事をしていたり、課長がアルバイトの仕事をしていたのでは、会社が持ちません。役割があるのです。

 

それではその3つの能力について具体的にみておきましょう。

 

テクニカルスキル(実務能力=TS

特定の業務をこなす能力です。業務遂行能力とも呼ばれ、自らが担当する業務を遂行するのに必要な技術や専門知識のことを指し、経理なら会計や簿記、人事であれば労務管理、SEならシステム開発に関する知識や技術といった業務処理能力です。

 

ヒューマンスキル(人間関係力=HS

他者との関係を作るためのスキルです。同じ企業内やパートナー企業内で人間関係が構築できるかどうかのスキルにあたります。具体的には、上司・部下とのコミュニケーション力やモチベート力、交渉力、調整力など仕事を進めるうえで協力する・してもらうために必要なスキルです。

 

コンセプチュアルスキル(未来想像力=CS

コンセプトを作る概念的なスキルです。

会社の未来像を描いたり、抽象的に物事を考え、周囲で起きている事象や状況を構造化し、問題の本質をとらえる能力のことです。問題意識、問題解決、総合判断など経営戦力の決定などに必要な能力とされます。

 

 

これら3つのスキルについて、マネジメントの階層レベルにより要求されるスキルの比重が変わってきます。

図にあるように、一般職はテクニカルスキル(実務能力)にウエイトを置き、上級になるにつれコンセプチュアルスキル(未来想像力)が必要になってきます。

ヒューマンスキルはマネジメントの階層にかかわらず必要であり、入社前から持っており、発揮することが期待される基礎能力である点から、採用の場面において今後キャリアアップできる人材か、どの階層であっても活躍してくれる人材かを見極めるためにも重要となります。

人事制度カテゴリの最新記事